リウマチ科の診療|わだ内科整形外科

  • スタッフ募集
  • 06-6675-4008
RHEUMATISM

リウマチ科

リウマチ科

治療薬や治療法の進歩によって、早期診断・治療により多くの患者さんで
病期の進行を最小限に食い止められるようになってきていますので、
気になる症状がある場合には、早めの受診をお勧めします。

関節リウマチとは?

関節リウマチとは?

関節リウマチは、関節炎が続き、進行すると軟骨や骨が破壊されて関節が変形し、機能障害を起こしてしまう病気です。手や足の関節が腫れて痛み、特に朝にこわばり、動かしづらくなってきます。病気の特徴である関節の腫れと痛みは、自己免疫の異常による関節の炎症が原因で生じます。
30~50代の女性に発病するケースが多く、早期診断と治療が大切です。治療が遅れれば遅れる程、関節の変形も進み、薬の効きめも悪くなりますので、以下のような症状がある場合は、できるだけ早く受診されることをお勧めします。
治療方法が進歩しており、早期診断と治療の開始により、発症以前とあまり変わらない日常生活を送っている方も増えています。

代表的な症状

  • 朝方に手足の指関節がこわばる
  • 手の指がむくんで、指輪がはずれにくい
  • 手足のしびれ、痛みがある
  • 身体がだるく、食欲がない
  • 服のボタンがかけにくい
  • 熱っぽい

関節リウマチの治療

関節リウマチの治療は、治療薬や治療法が進歩して、これまでのただ痛みを抑えるだけの治療から、リウマチの進行を病気の進行を食い止めて関節が破壊されるのを防ぐことができるようになってきました。

症状や進みに合わせて、薬物療法、リハビリテーション、手術療法などが行われます。

関節リウマチの治療
  • 薬物療法

    薬物療法

    薬物療法の目的は関節の腫れや痛みを抑え、関節破壊の進行を抑制することです。
    関節の痛みや炎症の軽減させる非ステロイド性消炎鎮痛薬やステロイド、免疫異常・炎症を改善し抑制する抗リウマチ薬や生物学的製剤から、それぞれの痛みや症状の進行度に応じて薬剤を選択していきます。

  • リハビリテーション

    リハビリテーション

    薬物療法で炎症や痛みを抑えても、関節を動かさないでいると、固くこわばってしまいます。
    関節の可動範囲を広げるとともに、血液の流れをよくして痛みや筋肉のこわばりをとるための運動療法や、温めて痛みやこわばりを和らげる温熱療法といったリハビリテーションで、関節の運動性を改善させていきます。

  • 手術療法

    手術療法

    薬物療法やリハビリテーションで十分な回復が得られない場合、手術を行います。手術には様々な方法があり、関節リウマチの痛みの原因である、腫れた滑膜を切除する滑膜切除術や、破壊された関節を人工関節に置き換える機能再建手術があります。
    いずれの手術も当院ではできませんので、手術が必要な場合は、専門医療機関にご紹介させて頂きます。

大阪市住之江区の
わだ内科整形外科ご案内

内科・リハビリの診療時間

内科の診療時間

整形外科・リウマチ科の診療時間

整形外科・リウマチ科の診療時間

担当医表はこちら
  • 〒559-0001
    大阪市住之江区粉浜2-3-17

    TEL:06-6675-4008 FAX:06-6675-9706

  • アクセス
    地下鉄四つ橋線「玉出」駅下車③番出口より南へ徒歩10分
  • 休診日
    土曜午後、日曜、祝日
  • ※リハビリテーション科は、診療日に毎日行っております。
    ※初診の方は時間のかかることが多いので、受付の締め切りより、少しお早めにお越しください。
    ※月に1回(第3水曜日の午前)に管理栄養士による栄養指導を行っています。

pagetop